毛穴の汚れの原因は?

毛穴の汚れをどうにかしたい!と強く願っている方は多いと思いますが、実際にどうして毛穴が詰まってしまっているか知っていますか?

 

本気で改善したいのであれば、しっかりとした知識を持って、自分が実施しているケアが確実に効果があるんだという自信をもって長期的に取り組むことが大切です。

 

理解せずにケアをすると、結局あっちのやり方がいいのではないか、実はネット上でうわさのあの方法の方が即効性があるのでは?と、ただのスキンケアマニアになってしまうだけです。

 

方法はたくさん知っているけど、そのやり方をどんなところに使っていいかわからないから効果がでないのです。

 

そうならないためにも、まずは毛穴がどうして詰まってしまうのかをしっかりと理解しましょう。

角栓は古い角質が原因

では、さっそく毛穴が詰まる原因について説明しましょう。

 

結論から言ってしまえば、古くなった角質が毛穴をふさいでしまうことが原因です。

 

まあ、何となく雑誌などでこんな文章は見たことがあると思いますが、もう少し詳細な部分を理解していきましょう。

 

私たちの肌というのは、日々新しく生まれ変わっているのはご存知ですね。

 

一般的にはターンオーバーと言われるもので、古くなった皮膚は垢になって剥がれて、肌の内部から新たな皮膚がトコロテンのように出てくるのです。

 

子供のころに日焼けをして皮が剥けたことがあると思うのですが、あれはまさにターンオーバーによって日に焼けて傷んだ肌が排出されて、新たに日焼けしていない皮膚がでてきているのです。

 

このターンオーバーというのは、加齢と共に入れ替わるスピードが遅くなり、さらにストレスや生活習慣の影響を受けやすいため、大人になるほど毛穴が詰まりやすくなります。

 

本当はもういらなくなった皮膚が肌の上に残ってしまっているために、毛穴を埋めてしまうわけですね。

 

そうすると、毛穴の中では皮脂がどんどん分泌されるため、皮脂と古くなった角質が混ざることで、あのうっとうしい角栓になるのです。

角栓対策にはピーリングもおすすめ

上記のように、古くなった角質によって角栓が発生してしまうわけですが、改善するためには古くなった角質が残らないようにすればいいわけです。

 

さきほど、肌のターンオーバーには生活習慣やストレスが関わってくると言いましたが、そのために、キレイになりたければ早寝早起きをしなさいと言われているのですね。

 

だから、古い角質を剥がれさせて新しい肌に入れ替えるためには、生活習慣を整えよう!となるわけですが、仕事などの関係でそんなに自分の都合だけで早く寝れるわけではありませんよね。

 

そこで役立つのがピーリングです。

 

古くなった角質が毛穴につまっていて、自然に剥がすこともできないなら、自分で剥がしてしまおうというわけです。

 

理想的なのは美容皮膚科などに行って、ピーリングの施術を受けることですが、時間がないといっているわけなので、ドラッグストアなどに売っているもので実施してみましょう。

 

基本的にはフルーツ酸などが含まれていて、それによって角質を溶かすことでターンオーバーを早めたことになるのです。

 

睡眠などの生活面を改めることはもちろん大切なのですが、なかなかそうもできないという方は、ピーリングを使って角質除去をしてみることをおすすめします。

 

ただ、乾燥肌や敏感肌の場合には、ピーリングは刺激が強い場合もあるので、その場合はまずは洗顔方法の見直しなどを実施するところから始めると良いでしょう。

 

 ⇒ニキビの原因である角栓を予防するための洗顔方法